鍵屋の仕事に注目しよう

鍵屋といえば、鍵を作っているというイメージがありますが、私がこの間訪問した鍵屋はそれだけじゃなかったです。おしゃれな鍵屋というか、鍵に付属させるのにちょうどいい、アクセサリーを取り扱っているのには良い意味で期待を裏切ってくれました。鍵屋だからといって、鍵に傾倒していないところに、その店のセンスが感じられたのが少し嬉しかったです。先入観でものを見てはいけないということですね。ちなみに私が訪問した鍵屋で買ったアクセサリーなのですが、現在は自身の携帯機器に取り付けています。応用出来る所がまた面白くて良いなと思います。洒落たものというのも、いつかは飽きる時期が来ますが、鍵屋で買ったアクセサリーは、さっきも言ったように他で補い応用出来るので、使い勝手が良いものだと長く重宝させていただいています。話は変わりますが、鍵屋の商売というのは、果たして儲けになるのか気になっています。お金が稼げないということはないと思いますが、ニッチといえばニッチなものですし、特に最初に鍵屋に頼んで作ってしまうと、再訪問する機会はそうそうないのが現実だと思います。それを考慮すると、経営に関してなかなか難しいところがあるのではないかと考えています。経営で思ったのですが、鍵屋の仕事というのは、本筋である鍵作りに傾倒すれば良いというものでもないのが、難しいところだと思います。なので、これからその道を生業としていこうと志している方は、そのへんの考慮も個人的には大事だと思っています。そう考えると、職人の仕事というのは、人並み以上の様々なスキルが必要だと思いますし、それを頑張っていけるというのは、人としても尊敬に値することなのだと感じています。こう考えると鍵屋というのは、職人スキルだけでなく、経営スキルや対人スキルなど、必要なスキルが多々必要だということがわかると思います。面白い話ですが、職人さんというのはあらゆる才能に秀でていなければ大成しないということなのかもしれません。

コメントをどうぞ