よい鍵屋選びのポイントと心構え

ピッキング対策などで一時は鍵バブルなどと言われた鍵屋も、近年は減少傾向にあります。そもそも鍵屋は普段から馴染みが薄いことの方が多く、公的な資格を必要とする業界でもないので消費者は実態をつかみにくいのも事実です。しかし、いざ鍵屋となると急を要する場合が多いですし、セキュリティに関わる分野でもあるので日頃から料金の相場や頼れる鍵屋の存在を知っておくことは大切です。鍵屋の形態にはいくつかあり、全国展開しているフランチャイズ店、水回りのメンテナンスなど他業種を掛け持ちしている規模の大きな業者、町の個人経営(無店舗も含む)など様々です。鍵というと住宅やマンションだけをイメージしがちですが、通常鍵屋はそれ以外にもバイクや車、ロッカーや金庫まであらゆる鍵を対象としています。壊れた鍵を開ける作業のほか、賃貸住宅の鍵・錠前の交換、鍵の新設、補助鍵の設置、暗証番号キーや防犯カメラの設置まで扱っている鍵屋もあります。最近は、なるべくお金をかけない志向の中で、自分でホームセンターなどで購入した鍵を設置する消費者も増えてきましたが、防犯というトータルな観点からプロに任せるメリットは非常に大きいといえます。ただし、何を基準に良い鍵屋を選べばいいのでしょうか。やはり鍵業界にも相場はありますし、電話帳に大きく掲載されている鍵屋が一概にいいとも言えません。緊急の場合ならなおさら見極める目も曇りがちになります。しかしそこはひとまず落ち着いて数箇所に相談してみることです。技術のしっかりした鍵屋ならば口頭での故障状況の説明だけでも大方の見積もりは可能です。そうした対応を明快にしてくれる鍵屋、もっと言えば料金の上限を包み隠さず教えてくれるところが信用に足る鍵屋です。また、予算に応じたサービスを提示してくれるなど親身な対応をしてくれる鍵屋を選びます。頼れる鍵屋が身近にいれば生活も心強いものです。緊急事態になってから検討するのではなく、日頃疑問に思ったら問い合わせてみるのも一計です。

コメントは受け付けていません。