‘鍵’ カテゴリー

子供たちに鍵を渡すということ

私たち夫婦には、子供が二人います。どちらも男の子で、現在は小学3年生と5年生になっています。私たち夫婦は、共働きで、朝から夕方まで仕事をしていることもあり、子供たちの学校が終わるの夕方ごろに家に帰っても家には誰もいない状態です。そんなこともあり、少し不安ではありましたが、子供たちに鍵を預けておくことにしました。授業は曜日によって終わる時間が違います。一人がが5時間授業で、もう一人が6時間授業ということもあり、2人の変える時間は同じになりません。どちらも早々に家に帰って友達と遊ぶ約束をしてきます。そのため、一人に1つの鍵を持たせる必要があり、合鍵を作って渡すことになりました。最初のうちは、子供たちもどきどきして、しっかりやってくれていましたが、そのうち慣れて安心してきたのか、おかしな行動をとるようになりました。長男が、かばんから鍵を取り出すのが面倒というだけで、すでに家に帰っている弟に鍵を中からあけてもらうように、呼び鈴を鳴らすようになりました。弟はうるさく感じるため、しょうがなく鍵を開けに行っていたのですが、そのうち、面倒くさくなってきて鍵をかけないようになって来ました。それがだんだんひどくなり、弟は遊びに行く際、鍵をかけずにでかけるようになってしまっていました。それも私が出張で、会社から途中の家の近くを通りかかったときに、なんとなくちょっと寄って子供の様子をみようとして、発見したのでした。その理由を聞くと、兄が面倒くさいから鍵をかけないでほしい、ということで、真に受けてしまったのです。帰ってからは再度子供たちに声をかけ、話をしました。そのままドアをあけたて出かけると、どんなことが起こる可能性があるか、について、どう考えているかを2人に聞きだし、なぜ、親がうるさく言っているかについてを説明していきました。そして、子供たちを信じて、鍵を渡していることを言い聞かせました。こういったことを話す機会はなかったので、よい機会となりました。

彼に渡された自宅の合い鍵

私は、好きになった相手にとことん尽くすタイプの女です。というか、尽くさないと気が済まないのです。だから、付き合っている相手が一人暮らしをしているのなら、合い鍵をもらって、毎日料理を作りに通います。定期的に掃除や洗濯をすることも忘れません。私のこのような行為は、とても感謝される一方で、不快に思われることもあります。尽くして尽くして尽くし抜く私の存在を、男性はときに重く感じるのでしょう。掃除をしている私に対して「お前の存在が重くなった」と別れを告げられたこともありますし、「もう二度と来ないでくれ」と、合い鍵を奪われたこともあります。それでも、私は尽くさずにはいられないのです。現在、私には進行中の恋愛があります。相手とはまだ知り合ったばかりで、友だち以上、恋人未満の関係といったところです。相手はひとり暮らしをしているらしいので、もし合い鍵をもらうことができれば、私はすぐにでも料理を作りに行くのですが、今のところはまだ合い鍵をもらえていません。というよりもまだ彼の家に招待されたこともありません。「僕の家に来ないか」と彼から誘われたのは、知り合ってから3か月ほどが過ぎたころでした。私が以前から見たいと話していた映画のDVDを手に入れたので、いっしょに見ようと誘われたのです。私は喜んで彼の自宅に行きました。どうして彼が私を自宅に誘ったのか、私はその意味を理解していましたし、彼も私が誘いをOKした意味を理解していたのでしょう。私たちが映画のDVDをいっしょに見ていたのはほんの数分見ただけで、すぐにベッドへと移動することになりました。彼と結ばれたこの日、合い鍵が欲しいことを彼に告げると、彼は「よろしく」と微笑んで合い鍵を渡してくれました。彼の自宅の合い鍵を手にした私は、心の底からうれしさが込み上げてきました。合い鍵を渡されたことで、正式な恋人として、彼に認めてもらえたような気がしたからです。合い鍵は、私にとってそれほど大きな意味を持っています。私はそれ以来、合い鍵を使って毎日彼の家に行き、料理を作っています。最高に幸せな毎日です。

鍵のタイプと鍵の安全性

一般的に使われている鍵の種類は、シリンダー錠の鍵が多いです。シリンダー錠のカギのメリットは開け閉めが簡単なことやコンピュータ制御のロックと違いややこしい入力の必要もないので、誰でも簡単に扱えることがメリットとしてあげられます。そもそも鍵の目的は建物内の財産が盗まれないようにすることを目的としています。そのため、シリンダー錠の鍵のデメリットとしてあげられることは、ピッキング技術を持った窃盗犯に簡単に鍵をあけられてしまい侵入を許してしまうこともあります。また、鍵も金属なので長い時間、鍵を使用し続けると変形やサビなどにより鍵を開けられなくなってしまいます。特に、車は頻繁に通勤などで使用するので鍵のすり減りが早くなります。事前に合いカギを複数作っておけば変形して鍵が使えなくなっても次の鍵があるので安心できます。シリンダー錠の鍵でもピッキング防止をされている鍵があるので鍵の防犯性に問題がある場合は早急に取り換えて貰うことをおすすめします。また、鍵の管理はしっかりと個人が管理する必要があります。もし、会社など顔見知りがいる場所で落としてしまった場合は住所なども知られていることが多いので、落とした鍵が悪用される可能性もあります。もし、鍵を落としてしまった場合は、早急に鍵業者に鍵交換の依頼をすることをおすすめします。現在は防犯技術も向上され鍵の種類も増えてきました。シリンダー錠以外にもカードタイプ、テンキータイプ、生体認証タイプなど様々な種類があります。生体認証の指紋照合パターンの場合は安全性が高いとも言えます。なぜなら、指紋は例え、双子で合っても指紋の模様は違うのです。そのため、世界中誰ひとりとして同じ指紋がいないことも科学的にも証明されています。このことから、指紋の偽装は出来ないので安全性が高いのです。カードタイプは日々、照合パターンを変えられるのでこちらも簡単にロック解除が出来ない仕組みとなっているので安全です。

鍵の取り扱い方を慎重に

ようやく家に着いたら鍵がない、そんな経験をされた方多いのではないでしょうか。ポケットやバックを玄関の前でひっくり返しても見つけられない場合は途方に暮れてしまいます。そんな時はやはり鍵屋さんに相談するしかありません。夜中でも駆けつけてすぐ対応してくれますから非常に助かります。鍵は防犯対策に欠かせない物です。そのために身近な物にはほとんど鍵がつけられています。自転車や車や旅行カバンなどもあります。自転車や旅行カバンは暗証番号を忘れてしまう方も少なくありません。今はカード類もたくさん有りますから暗証番号を色々と用意するのも大変ですが忘れないように意識する必要があります。防犯といえば空き巣や泥棒に鍵を開けられないように鍵をかえたり補助鍵をつけている方も増えています。自分の身を守る為にもできる事はしておくべきです。鍵はホームセンターでもたくさん取り扱われています。女性の場合はご主人と買いにいくかお店の方に相談すると選びやすくなります。開け方が複雑な物もありますから説明書にはしっかりと目を通す事が重要です。ご家庭でお子様が合い鍵を持っている場合はなくさないように注意を払わなければなりません。特にまだ小さな内はお子様自身に言い聞かせる事や首から下げておく事も予防策になります。首からぶら下げる物は可愛いキャラクターの物もたくさん販売されていますから一緒に選んであげるとお子様にも喜ばれます。また、車の鍵も注意が必要です。車に鍵を差したままお子様を残して行くのは非常に危険です。少しの間でもお子様も連れて行くべきです。危険な目に合わさないように予防する事て未然に防ぐ事ができます。鍵は便利で欠かせない物ですが、なくしたり使い方を間違えると危険です。上手に利用する為に鍵を使う一人一人の意識が重要です。毎日を安全で快適に過ごせるように鍵は慎重に取り扱わなければなりません。お子様にも小さな内から教えてあげる事も大切な事です。

家の鍵、スペアキーの必要性

毎日持っているものといえば、携帯電話・財布・家のカギです。近くのコンビニに行く最低限所持するものとしても、この3つがあげられます。こそのなかでも、家の鍵は、うっかり忘れてしまう家に入れなくなるのですから大変です。私自身も何度も経験があります。大家さんに連絡しスペアキーを取りに行ってスムーズに終わったこともありますし、深夜にカギがないことが発覚してそのまま帰れず泣く泣く明け方までネットカフェで過ごしたこともあります。しかも、大家さんにスペアキーを借りてまた返却に行ったり、鍵屋さんを呼ぶとするとかなり高くついたり時間がかかるのです。そういった場合を想定し、予備の手段としてスペアキーの所在を考えたい。まず、予備の準備としては信頼する家族や知り合いに渡しておくというのが1つです。こうした場合は風邪や病気で寝込んだときに来てもらったり、急きょ用事を頼むときにも使うことが出来ます。2つ目に、スペアキーを常にもうひとつ所持しておくというのも手だ。たとえば、手帳や財布などです。ただ、こうした場合は鍵と住所が同時にわかってしまう可能性もあるので危険も伴うのは事実です。3つ目は、鍵を入口付近に隠しておくという手段です。子供のころは、鍵を持つとなくしやすいからということで持たせてもらえず、決まって玄関の外にある一定の場所から鍵をとって開けていました。この方法は、もしもとても良い隠し場所があるのであれば、むしろ鍵を持って出歩かなくでも鍵を閉めてそのまま隠しておけばいいので、リスクはあるが有効です。また、複数名で認知することが出来るので鍵を複製する必要がないのです。最後に、私自身がとっておきだと思うスペアキーの隠し場所を公開します。それは、郵便受けのなかです。アパートなどで鍵がついていたり、郵便受けに自分でダイアル式の鍵などを付けている場合が多いです。その郵便受けの内部、手の届きにくい外から見えない場所に、紙に包んだスペアキーを貼りつけておくのです。これなら、ダイアルの暗号さえ知っていれば有効な保管場所になるのです。いかがでしたでしょうか。なくさないというのがベストですが、そうした場合を想定し準備しておくのは後で自分を助けてくれるかもしれませんね。