鍵のタイプと鍵の安全性

一般的に使われている鍵の種類は、シリンダー錠の鍵が多いです。シリンダー錠のカギのメリットは開け閉めが簡単なことやコンピュータ制御のロックと違いややこしい入力の必要もないので、誰でも簡単に扱えることがメリットとしてあげられます。そもそも鍵の目的は建物内の財産が盗まれないようにすることを目的としています。そのため、シリンダー錠の鍵のデメリットとしてあげられることは、ピッキング技術を持った窃盗犯に簡単に鍵をあけられてしまい侵入を許してしまうこともあります。また、鍵も金属なので長い時間、鍵を使用し続けると変形やサビなどにより鍵を開けられなくなってしまいます。特に、車は頻繁に通勤などで使用するので鍵のすり減りが早くなります。事前に合いカギを複数作っておけば変形して鍵が使えなくなっても次の鍵があるので安心できます。シリンダー錠の鍵でもピッキング防止をされている鍵があるので鍵の防犯性に問題がある場合は早急に取り換えて貰うことをおすすめします。また、鍵の管理はしっかりと個人が管理する必要があります。もし、会社など顔見知りがいる場所で落としてしまった場合は住所なども知られていることが多いので、落とした鍵が悪用される可能性もあります。もし、鍵を落としてしまった場合は、早急に鍵業者に鍵交換の依頼をすることをおすすめします。現在は防犯技術も向上され鍵の種類も増えてきました。シリンダー錠以外にもカードタイプ、テンキータイプ、生体認証タイプなど様々な種類があります。生体認証の指紋照合パターンの場合は安全性が高いとも言えます。なぜなら、指紋は例え、双子で合っても指紋の模様は違うのです。そのため、世界中誰ひとりとして同じ指紋がいないことも科学的にも証明されています。このことから、指紋の偽装は出来ないので安全性が高いのです。カードタイプは日々、照合パターンを変えられるのでこちらも簡単にロック解除が出来ない仕組みとなっているので安全です。

コメントは受け付けていません。