大切な物には鍵をかけてしっかりと守る

自分にとって大切な物であれば、鍵を掛けて守りたいと考える人もいる事でしょう。過剰なまでに何もかもを囲い込んでしまう事については異常性を垣間見てしまう恐れも出てきますが、誰にでも自分にとって大切な物という物は存在しているでしょうし、それは誰もが同じように素晴らしい物であると評価するような物ではない場合も勿論あるでしょう。人に見られたくない自分の趣味や大切な物であれば、鍵のかかる入れ物などに入れておく事で人目を避ける事が出来ます。人に余り知られたくないと考えているような趣味を持っている人も勿論いるでしょうし、私自身も余り子供が知ると好ましいとは思えないような嗜好の持ち主でもあります。しかし普段は気持ちの面にもしっかりと鍵をかける事で、周りに自分の嗜好や趣味を悟られる事がないように配慮しています。心の中にも気持ちの面で鍵をかける事は時折必要な事です。目に見える事のない部分ではありますが、誰にでもなにもかも隠し事をする事なくオープンな会話などを行う事は余り推奨できる事ではありません。特に一般的に考えた時に少しずれた考え方をしている場合には、自分の趣味などに気持ちの面でしっかりと鍵をかけて毎日を過ごす心も必要です。鍵をかける事なく常に自分の気持ちを全て開放した状態で生活を送る事は自分には良い事かもしれませんが、周りの人全てに良い事であるとは限りません。時には蓋をするように鍵をかけて気持ちを悟られないようにする事なども社会で生きて行く中でのスキルとして必要になってくるでしょう。鍵は大切な物を守り隠す為の物であるだけではなく、人に知られたくない自分の気持ちや過去などを自分の中に留めておく為にも心の鍵が必要になってくるでしょう。鍵をかける際にはどんな物に対してであっても絶対にその鍵をなくす事のないようにする事が大切です。心の鍵においても忘れてしまう事のないように、しっかりと覚えておく事が大切でしょう。

コメントは受け付けていません。